渋谷区の形成外科 皮膚科 美容外科の鼻の診療|南平台緒方クリニック

(予約制)ご来院前にご予約を(当日可)03-6277-5975

 鼻
(花粉症・鼻炎のレーザー治療)

アレルギー性鼻炎・花粉症

花粉症・鼻炎のレーザー治療で
期待できる効果

アレルギー性鼻炎や花粉症は、アレルギーを引き起こす物質である抗原(アレルゲン)が鼻の粘膜に付着することでアレルギー反応が起こります。花粉症はアレルゲンが花粉であり、花粉以外のアレルゲンでは、ハウスダスト、ペットの毛などがあります。
当院では症状に応じて、レーザーによる鼻炎治療を行っております。

花粉症・鼻炎のレーザー治療

レーザー治療は、下鼻甲介粘膜を焼灼して症状を軽減させる治療です。

  • くしゃみ花粉などが鼻粘膜を刺激するのを抑えます。
  • 鼻みず鼻水をつくる分泌腺の働きを整えます。
  • 鼻づまり粘膜の腫れを抑えます。
治療の流れ

1.鼻の入り口をスプレー麻酔します。
(10分ほど)

10分ほどすると鼻の中をつついても痛みを感じなくなります。

2.鼻粘膜の表面麻酔をします。
(10分ほど)

レーザー照射をする下甲介粘膜に麻酔薬を浸した綿を挿入します。

3.炭酸ガスレーザーを照射します。
(10分ほど)

レーザー光は直径1mmほど。0.3秒間隔で数十か所を照射焼灼します。

4.炎症を抑えるスプレーをします。

レーザー照射終了後に炎症を抑える鼻スプレーを行い終了です。

Topへ
© 南平台 緒方クリニック